キャンペーン参加方法

  1. Umabi公式Twitter
    アカウント
    ( @Umabi_Official )
    をフォロー

    フォローする

  2. タオット占いキャンペーンのツイートリツイートもしくは指定ハッシュタグ付きで投稿

  3. 土屋太鳳さん手書きのタオット占い」がリプライで返ってくる!

さらに!
フォロー&リツイート(もしくは指定ハッシュタグ付きで投稿)した
人の中から抽選で39名様電子マネーギフト1万円分をプレゼント!

応募規約

本規約は、日本中央競馬会(以下「JRA」といいます)が運営する「 第39回ジャパンカップ(GI)タオット占いキャンペーンサイト」(以下本サイトと言う)及び関連するウェブサイト・電子メールその他を通じて、以下に定める利用者に対して提供するサービスの利用条件を定めるものです。本サイトは、JRAが運営するパソコン・スマートフォン端末のインターネット上のウェブサイトです。

開始期間

本サイトは2019年11月18日(月)より公開いたします。

利用にあたっての適用範囲

本規約はウェブサイトの閲覧者に適用されます。

「第39回ジャパンカップ(GI)タオット占いキャンペーン」について

該当する投稿をリツイート、もしくは指定ハッシュタグを付けてツイートにて「タオット占い」がリプライで返ってくるコンテンツです。

さらにUmabi公式Twitterアカウント(@Umabi_Official)をフォローしてくれた方の中から選考の上39名様に、1万円分の電子マネーギフトを贈呈します。

コンテンツ利用に関する注意事項

本サイトをご利用の際にはcookieを有効にしてお楽しみください。

パソコン及びスマートフォンよりご利用いただけます。

サイトはTwitter、及びTwitter社とは関係ございません。

Twitterのご利用にあたり、別途Twitterの利用規約が適用されます。ご自身で責任をもってご確認のうえ、ご利用ください。

Twitterが提供するサービスのメンテナンスや不具合、利用者の利用する通信端末や通信事業者の提供するサービスの不具合などにより、投稿が行えない場合や情報漏えいその他の損害が利用者や第三者に発生した場合であっても、JRAは責任を負いかねます。

プレゼントキャンペーン応募要項
  • 応募資格

    Twitterアカウントをお持ちの方(新規作成していただける方)

    Umabi公式Twitterアカウント(@Umabi_Official)をフォローしていただける方

    Umabi公式Twitterアカウント(@Umabi_Official)にて投稿されている該当ツイートをリツイートいただいただくか、指定ハッシュタグを含んだツイートをしていただいた方

    日本国内にお住まいの方

    注意事項及び禁止事項に反していない方

  • 応募締切

    2019年11月24日(日)23:59 まで

  • 当選発表

    応募資格を満たした方の中から選考の上39名様にUmabi公式Twitterアカウント(@Umabi_Official)より、2019年12月27日までにダイレクトメッセージにてご連絡いたします。

  • 各賞品への応募に関する注意事項

    Twitterアカウントを事前にご用意ください。お持ちでない方は、Twitter公式サイト(https://twitter.com)にてアカウント取得(無料)してください。シェアしていただく際に、記載必要事項に不備がある場合、応募は無効となります。

    Twitterのアカウントが非公開となっておりますと、ツイートの収集ができませんので、応募が無効となります。

    未成年の方は、ご応募いただく前に親権者の同意を得た上で行なってください。シェアいただいた画像は、JRAのホームページや各種パンフレット、広告宣伝物等JRA広報活動に関する用途に限りご投稿内容を使用させていただく場合があります。

    各賞品の当選者には、別途発送先情報の入力フォームより情報をご登録いただきます。

    本キャンペーンの当選賞品は、EJOICAセレクトギフト1万円分です。EJOICAセレクトギフトの詳細につきましては、下記よりご確認ください。

    http://pr.ejoica.jp/c/howto/ejoica.html

    選考の際にフォロー及び、シェアが確認できない場合、当選権利は無効となります。

EJOICAセレクトギフトについて
  • EJOICAセレクトギフトとは

    EJOICAセレクトギフトは、提携している各種電子マネー等のラインナップの中から自由に選択し、ギフト金額を登録(交換)することができる電子マネーギフトです。

    詳細はホームページ(http://pr.ejoica.jp/c/howto/ejoica.html)をご覧ください。

    ※交換できる電子マネー等のラインナップは、各キャンペーン等によって異なります。

    EJOICAセレクトギフトの注意事項
    • EJOICAセレクトギフトは、店舗等でのお支払いに直接利用することはできません。ご利用にはインターネット環境が必要です。
    • EJOICAセレクトギフトには有効期限があります。有効期限を経過すると使用できなくなります。
    • 換金、返金又は取消、再発行はできません。
    • 登録(交換)に必要な通信機器、通信費等は利用者の負担となります。
    • EJOICAセレクトギフトの登録サイトは、日本国外からのアクセスはできません。
    • 交換先の電子マネー等のサービス内容、お問い合わせ先などの内容は変更されることがあります。
    • 交換先の電子マネー等のラインナップは、NTTカードソリューション社と提携先との契約により、予告なく増減することがあります。
    • その他注意事項は「EJOICAセレクトギフト利用者規約」(http://pr.ejoica.jp/c/terms/ejoica.html)をご確認ください。

    「EJOICAセレクトギフト」は、株式会社NTTカードソリューションが発行する電子マネーギフトです。

本サイトの変更・中断及び中止

JRAは利用者への事前の通知なく、本サイトの内容の変更・中断および中止を行うことができます。

知的財産権

本サイトのコンテンツ、ソフトウェア、個々の情報(データ)および本サイトを利用して取得したすべての情報に関する知的財産権はJRAに帰属しています。利用者は、JRAに事前の文書による承諾を受けた場合を除いて、コンテンツ、ソフトウェア、情報を転載または再利用することはできません。また、利用者が本項に違反した場合は、JRAはコンテンツ、ソフトウェア、情報を転載または再利用することを差し止め、当該行為によって生じた損害を請求できるものとします。

禁止行為
  • 利用者の次の行為を禁止します。

    • 法令に違反する行為、公序良俗に反する行為、またはそれらに結びつく行為
    • JRA又は第三者の財産、プライバシー、名誉、信用等に損害を与える行為、またはその恐れのある行為
    • 本サイトのサービスの全部、または一部を商業目的で利用する行為
    • コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限させるようなコンテンツを送信する行為
    • 本サイトのサービス、またはサービスに接続しているネットワークを妨害したり、混乱させたりする行為
    • 他の利用者の個人情報を収集若しくは蓄積する行為、またはその恐れのある行為
    • その他JRAが不適切と判断する行為
利用規約の変更及び通知について

利用規約の内容は、必要に応じて変更することがあります。利用者の方へその都度ご連絡はいたしかねますので、ご利用の際には最新の本規約内容をご参照ください。

責任

利用者は、自己の責任において本サイトを利用するものとし、本サイトの利用、本サイトにおける投稿等から生じる一切の損害(精神的損害を含む)につき、JRAを免責するものとします。

費用

本サイトの利用にあたり本サイトへの接続・閲覧にかかる費用は、利用者のご負担となります。

準拠法・裁判管轄

本サイトに関する権利義務の成立、効力、解釈及び履行は日本国の法令に基づいてなされます。 本サイトから生じる全ての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

推奨環境

PCブラウザ

【Windows】

Internet Explorer 11.0以降

Microsoft Edge 最新版

Firefox最新版

Chrome最新版

【Macintosh】

Safari最新版

Firefox最新版

Chrome最新版

スマートフォン

【Android】

OS: 5.1以上

ブラウザ:Chrome最新版

一部機種で正常に表示されない場合がございます。

なお、動作確認端末は以下のとおりです。
SOV32(5.1),SC-04F(6.0.1),Nexus5X(8.0),SO-01J(7.0)

【iOS】

OS: 10.3.3以上

ブラウザ:Safari最新版

一部機種で正常に表示されない場合がございます。

なお、動作確認端末は以下のとおりです。
iPhone5S,7,8 plus,X(すべてiOS10.3.3以上)

個人情報の取扱いについて

Twitterを介して収集したTwitterアカウント名(個人情報)は、JRAの個人情報保護制度に準拠して厳重に管理し、賞品の発送及びJRAホームページ等JRA広報活動に関する用途に限り使用させていただきます。なお、個人情報はご本人の同意なく、業務委託先以外の第三者に開示・提供することはございません。(法令等により開示を求められた場合を除く)

その他個人情報の取扱いにつきましては、http://company.jra.jp/privercy/index.html(モバイル版:http://sp.jra.jp/use/)をご覧ください。

JavaScriptについて

当サイトでは、JavaScriptを使用しているページがございます。

お使いのブラウザでJavaScript機能を無効にされている場合、正しく機能しない、もしくは正しく表示されないことがあります。

ご覧になる際にはブラウザ設定でJavaScriptを有効にしてください。

設定方法は各ブラウザのヘルプをご参照ください。

スタイルシートについて

本サイトではスタイルシートを使用しております。

お使いの通信端末のブラウザでスタイルシートを無効にされている場合、正しく表示されないことがあります。

ご覧になる際にはお使いの通信端末のブラウザ設定でスタイルシートを有効にしてください。

Cookieについて

本サイトは、利用者が快適にサイト利用いただくために、Cookieを使用しています。本サイトは、利用者がお使いのブラウザにCookieを送信し、利用者の端末にファイル保存された本サイトのCookieを参照することがあります。

Cookieとは、利用者がウェブサイトを利用した際に、ブラウザとサーバとの間で送受信される、利用者のサービス利用履歴や入力内容などを本サイトが取得するために、利用者の端末にファイルを保存しておく仕組みです。ご利用いただいている方個人を特定するものではありません。

利用者が、同じウェブサイトに再度アクセスすると、利用者の端末に保存されたCookie情報によって、利用者がお使いのブラウザがウェブサイトに認識され、利用者ごとにページ内の表示を変えるなどの処理が行われます。

利用者がブラウザの設定でCookieの送受信を許可している場合、ウェブサイトは利用者が使用しているブラウザからCookieを取得できます。なお、利用者が使用しているブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバが送受信したCookieのみを送信します。

セキュリティについての考え方

JRAは、本サイト利用者のプライバシー保護の観点より、以下のポリシーのもとセキュリティの確保に最大かつ細心の注意を払うことをお約束いたします。JRAは、セキュリティ保持にあたり、コンピュータやネットワークおよびそれらを含む環境、ならびにすべての関係者においても以下のポリシーを遵守し、万が一セキュリティの脅威が存在した場合、その影響範囲と被害を最小限に抑制することのできる体制をとることをお約束いたします。インターネット上でのサービス提供において、万能かつ絶対のセキュリティが存在し得ない現状をJRAは特に留意し、常にセキュリティに関しての最新情報を収集し、必要であれば現在の運用法を遅滞無く変更いたします。

データの取得・収集について

JRAは、取得した利用者の個人情報は、インターネットに公開された領域には保管せず、必ずファイアウォールで遮断され信頼できる領域に保管します。取得された個人情報は、その個人情報の所有者のお申し出に応じて消去いたします。

サーバへの不正侵入の防止

インターネットからの不正アクセスに対してセキュリティが保たれるようファイアウォールを構築して、インターネットからのhttp(およびhttps)以外での通信要求を遮断します。万が一、ファイアウォールを突破された場合でも、厳重なパスワード管理によってサーバへの侵入を防ぎます。

アクセス履歴(アクセスログ)について

利用者が本サイトにアクセスした場合、その情報は本サイトのWEBサーバ上にアクセスログとして蓄積されます。アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、個人を特定できる情報を含むものではありません。これらのデータはWEBサーバ及び本サイトの保守管理や利用状況等、統計/分析の目的のみで利用し、それ以外の目的で利用することはありません。なお、本サイトからリンクされている他社サイトにおける個人情報の取り扱いの基準や内容において、JRAはその責任を一切負わないものとします。

セキュリティの脅威への対応

セキュリティの脅威が発生した際には、状況の正確な把握と冷静な対応に努めます。その脅威が想定を超えるような場合は、セキュリティ保護を第一優先にインターネットからシステムを切り離し、サービスを停止した上で脅威の排除につとめます。脅威の排除が完了しサービスを再開する場合には、これらセキュリティの脅威が発生したことを隠蔽することなく公開・届出を行います。

2019年11月18日制定