Umabi

Umabi NEWS うまびニュース

もしも自宅で馬を飼いたくなってしまったら…。

  • トリビア

2017.8.31

競馬を楽しむうちに馬の素晴らしさに魅了され、自宅で飼いたくなってしまったら…。

そんなもしもの時に備えて、実際に自宅で馬を飼うためにはどうしたらいいのか? 調べてみました! 



馬を飼うためになにより重要なのが環境づくりです。当然ながら、家の玄関の脇にリードでつないでおくだけではダメなんですよね。

人と同じように馬にも馬房と呼ばれる家を用意してあげる必要があります。そこでご飯を食べて寝られればよし。ただ、床に直接寝たくないのは人も馬も同じなので、藁やおがくずを敷き詰めて、しっかりと休息がとれる環境を用意してあげましょう。



人が健康のためにジョギングしたりジムに通うように、馬にだって運動が必要です。

そのために用意するもの。それはトレーニング器具ではなく、広い広い土地、放牧場です。だいたい100坪、およそ330㎡くらいの広さを確保できれば、馬は日々、のびのびと体を動かすことができるでしょう。

都会ではなかなか難しそうですので、馬を飼おうと思ったら、広々とした土地が確保できる地方への移住を検討したほうがよさそうです。



エサは、やっぱりニンジン……かと思いきや、馬が主食とするのは、牧草や乾草(干し草)など粗飼料大麦やトウモロコシなど濃厚飼料なんですね。

ニンジンももちろん食べますが、主食ではなく、おやつのような扱い。また、馬房や放牧場に鉱塩や岩塩を置いておき、馬が自由に舐められるようにしておくことも重要なんですね。バケツに清潔な飲み水を常備し、自由に飲める状態にしておくこともお忘れなく。馬だってのどが渇きます。中身は水道水で十分です。



1日のエサの総量は体重の1.5〜3%程度だと言われていて、例えば、体重500kgの馬であれば、7.5〜15kgほど。エサ代は内容によっても異なりますが、目安はひと月におよそ5000円〜2万円。意外と経済的です。

人がすり減った靴のソールを交換するのと同じで、馬の靴にあたる蹄鉄1か月半から2か月に1度くらいのペースで交換する必要があります。費用は4肢でだいたい1万円ほど。靴2足でこの金額なら、かなりお財布に優しいのでは。



馬を飼うために整えるべきおもな環境について、ざっとご紹介しましたが、いかがでしたか? 

実際にはご紹介した以外にもいろいろと費用がかかるとは思いますが、エサ代や蹄鉄代は人と同じかそれ以下で、イメージするよりもリーズナブルでは? 


ただし、犬や猫と違って、馬は基本的に広い土地がないと飼えません。これが一番の問題! 特に都会ではかなりハードルが高そうですが、もし広大な土地をお持ちであれば、一考の価値あり。

馬との暮らしはなにものにも代えがたい喜びと幸せを与えてくれるはずです!


コメント受付中!

こちらもおすすめ

    戻る

    進む

    ページTOP