Umabi

Umabi NEWS うまびニュース

自動車の代わりに馬でお出かけできるってホント?

  • エンタメ

2018.6.22

日常をドラマチックに変えたい! そんな願望をお持ちの方、中でも馬好きのみなさまにぜひおすすめしたいのが、馬を移動手段に利用するというものです。 


例えば、近所のコンビニに出かける際、歩いていくのは普通ですよね。誰でもやってますよね。でも、これ、馬に乗って行ったらどうでしょう? いつもとは違う風景、馬との心地よい一体感。風を颯爽と感じながらパカパカとリズミカルに体を動かせば、いつものコンビニ通いもちょっとした冒険に。想像するだけでワクワク感が止まりません!


とはいえ、守らなければいけないのが交通ルール。間違ったことをして怒られる前に、基本的なルールを確認しておきましょう。


馬は、道路交通法上、軽車両扱い、つまり自転車やリヤカーなどと交通ルールは一緒です。乗馬の際は、道路運送車両の保安基準の第七十一条「乗用に供する軽車両の車体は、安全な乗車を確保できるものでなければならない。」を遵守する必要があります。


なんだか難しい言葉になってしまいましたが、具体的には、

・馬に乗るための免許は不要!

最高速度は標識に従う。標識がない場合、軽車両に対する規定はありませんが、常識的に考えて一般道の法定速度60キロまで!

・ふたり乗りは、ふたり分の鞍など乗馬装置が整っていればOK!

・暗くなったら、ヘルメットに装備したライトを点灯するなど、安全に配慮する。

・保険には入れますので、必ず加入しておきましょう!


基本的なルールがわかったところで、どんな場所であれば馬で通行できるのか? うっかり行ってはいけない場所に行ってしまわないよう、最初に把握しておきましょう。


例えば、車道は・・・


OK!

安全に配慮して通行してくださいね。


高速道路は・・・NG! 馬は通行できません。


スクランブル交差点の横断は・・・


NG!

馬に乗っていようが、馬から降りていようが、馬は横断歩道を通行できないんです。自転車横断帯があっても、あれは自転車専用。馬は車道を通行する決まりになっています。


歩行者天国は・・・NG!

歩行者のために設けられるものなので、人が乗っている、いないにかかわらず、馬は通行できません。

※東京都の場合


ドライブスルーは・・・


なんと! 店によってはOK!

ただし、私道のため、利用できるかどうかは店によります。事前に確認した上でご利用くださいね。


今回、馬に乗った楽しい生活のススメをご紹介してきましたが、実際には車のクラクションの音や、横を通り過ぎる自転車などに馬が驚いてしまうことがあるため、都市部を馬で移動するのは簡単なことではありません。もし、馬に乗って出かけるドラマチックな毎日を送りたい人は、人里離れた自然の豊かな地域に移住するのがベスト。馬を移動手段に使う夢の生活が、現実のものになりますよ!

※実際に公道で馬に乗る際は、最寄りの警察署でルールなどをご確認ください。


コメント受付中!

こちらもおすすめ

    戻る

    進む

    ページTOP