Umabi

Umabi NEWS うまびニュース

スポーツ7紙 有馬記念 記者対抗徹底討論会 関東篇

  • エンタメ

2019.12.17

岡村:スポーツ紙7紙による、有馬記念徹底討論会を始めます。

それでは、各記者の方々を紹介していこうと思います。順不同、敬称略となります。

スポーツニッポン 秋田麻由子(あきた まゆこ)

日刊スポーツ 松田直樹(まつだ なおき)

スポーツ報知 坂本達洋(さかもと たつひろ)

サンケイスポーツ 漆山貴禎(うるしやま きよし)

デイリースポーツ 小林正明(こばやし まさあき)

東京中日スポーツ 若原隆宏(わかはら たかひろ)

東京スポーツ 山口心平(やまぐち しんぺい)

以上、各紙代表の7名となります。司会進行は岡村麻純です。どうぞよろしくお願いします。

MC 岡村麻純

岡村:最初は、ファン投票上位馬、1頭1頭のお話を伺いたいと思います。

まずは何といってもファン投票1位、アーモンドアイに注目している記者の方はお手元の○札を、そうでない方は×札をあげてください。

あれ!? なんと×がいます。

東京スポーツ 山口記者

小林:社の命令か?


一同:笑い


岡村:あえて×から伺いましょうか。断然1番人気になるであろうと予想されますが。


山口:能力うんぬんという話ではないのですが、香港を目指してある程度まで仕上げて直前で回避という流れ。1回レースへ向けて盛り上がったものをもう1回となると…もしかしたら、というところに賭けてですね。あとは、中山の経験がないっていうのが。


岡村:思い通りではないというところですかね。その点をファンの方も不安視している方もいる気がしますが。


坂本:ローテーションやその過程はいち頓挫ありましたが、唯一の懸念材料は中山のコース形態のみで、最後は必ず伸びてきますから。安田記念も不利があっても最後は伸びてきています。能力の違いを信じています。状態面よりもトリッキーなコースの方の不利が心配ですね。


松田:香港を回避したのはちょうど輸送する日でした。その理由も微熱で大事を取ってのことなので馬場入りはやめていないですし、毎日調教はできています。状態面を不安視する必要はないと思います。能力的には抜けていますし、GⅠ 6勝。普通なら外せないというところです。○とか×というより本命か対抗かという世界です。


漆山:アクシデントがあったことは割り引かざるを得ないと思います。ただ天皇賞(秋)の走りが強烈でした。ルメール騎手は「出来としては8割くらいだろう」と言っていてあの時計と勝ちっぷり。 “名馬は8割で十分”という格言もありますから。


秋田:香港前の追い切りを見る限り、天皇賞(秋)よりコンディションは良かったと思う。微熱が出たからとコンディションが極端に落ちるかというと、そんなことはないかなと。この馬はいつも出し切るタイプなのでその点も評価したい。


岡村:中山への不安というのは。


秋田:昨年のジャパンカップは東京でしたが、好位につけて完璧な競馬をしています。そういった競馬ができれば関係ないでしょう。


小林:勝負事の流れでいうと悪いですよね。一旦路線を変更しているわけですから。今回に関しては、と言いたいですが、個人としてはディープインパクトやオルフェーヴル級。舞台を問うというレベルの馬ではないと思っている。むしろ今回は不安要素でオッズがあがってくれればいいなと。豪華なメンバーとなりましたが、頭ひとつ以上は抜けていると思う。


若原:そもそも熱発と言われていますが、聞いた話ではその時の体温が38.5度。馬の平熱は38度なので38度前半までが平熱。熱発と考えるようなものではないと思います。


岡村:この流れですが、山口さん聞いてみてどうですか。


山口:偉大さは分かった上での「×」です。


小林:過去のレースと比べると不安が大きいのは間違いないです。そういう意味では“山口派”みたいなのはいると思います。


山口:力のいる2500メートルがどうかなというのも気になります。



岡村:次にファン投票2位のリスグラシューですね。こちらは全員が○。

東京中日 若原記者

若原:東京新聞杯で勝つまでは、詰めが甘い印象があったのですが、今年の宝塚記念とコックスプレートの勝ち方がすごく強かった。外から見てどこがどう変わったというのははっきり分からないのですが、気性的なものでよくなったのだと思う。レーン騎手が乗れるし、短い直線のコックスプレートも勝っているので力は認めざるをえないですよね。


小林:若いころは、そこそこの評価だった。その評価を一変させたのが宝塚記念。今回の有馬記念でも対戦予定のキセキ、スワーヴリチャード、アルアイン、レイデオロなど、有力どころを完全に力で負かした。海外での力関係の分析は出来ませんが。宝塚記念の1戦だけでも有馬記念を勝てる力があると評価する材料になる。アーモンドアイほどの絶対視はしていないが能力だけなら勝ち負けになるレベルです。


秋田:アーモンドアイがいなかったら本命にしようかと思っていた。GⅠで2着が続いている時から強いなと思って見ていました。担当をしている厩務員も「絶対にGⅠを勝つ力がある」と言っていた。環境の違う海外でも崩れない。強い相手にもまれて力をつ<けてきた典型だと思います。それに牝馬って意外と精神力が強いと思うんです。どっしりしているというか。アーモンドアイもそうですが、アエロリットも米国行って大敗してもその後に崩れていない。そういう意味では海外に行って強くなったのかと。


漆山:コース形態がどうですかね。ハーツクライ産駒は決してよくない。有馬記念は13頭が出走して2着が1回だけ。馬もレーン騎手も中山は初めて。春に初めて来日してあれだけ勝った騎手に失礼ではありますが・・・。


松田:GⅠを連勝しているのはこの馬だけ。3歳のころは気性が前に出すぎて掛かったりしましたが、成長してレースがうまくなったと思う。宝塚記念は本当に強かった。今回が引退レース。レーン騎手を乗せるのも本気度を感じますよね。


岡村:アーモンドアイより上にくる可能性はあると思いますか。


坂本:脚質に幅があるし、香港でも先行している。レーン騎手も乗れる。減点材料が少ないですよね。リスグラシューがアーモンドアイより前で運んだ時にうまくいく可能性があると思っています。


岡村:山口さんは先ほどアーモンドアイは×で今回は○。ということはアーモンドアイより前にいる、ということですよね?


山口:そうですね(笑い)。リスグラシューも中山が初めてなのに、なんでこっちは○なんだという突っ込みはあると思いますが、牡馬の中・長距離路線のレベルに疑問があるので、牡馬との比較で、という意味ですね。



岡村:結果は出ませんでしたが、凱旋門賞に挑戦した2頭が有馬記念に出走します。まずはキセキについて○×の札をお願いします。

日刊スポーツ 松田記者

山口:凱旋門賞は馬場とか色々あっての敗戦です。去年が秋4戦を走り切りました。今年は海外帰りですが、その当時よりはフレッシュな状態だろうと。前に行きたい馬もいて展開は厳しくなると思うのですが、消耗戦の方が力を出せるタイプ。期待してます。


小林:中山で結果が出てないのは確かですが、走った回数が少ないというだけ。評価を落とす必要はないのかなと思います。去年のジャパンカップに関してはアーモンドアイばかりが取り上げられますが、レースを作ったのはキセキ。キセキがいなければあれだけの時計は出ていないと思う。


松田:印の重さは別にして、マークは必要。もともと重い馬場は大丈夫でも、道悪が得意というわけではないと思う。タフな馬場でも良馬場だったら走り切れると思う。凱旋門賞を負けたことで配当的な妙味が増しますし。


漆山:今回は展開が良くないかなと。アエロリットもクロコスミアも前。本当は○と×で札をクルクルしたい。



岡村:続きましてフィエールマンについてお聞きします。

サンスポ 漆山記者

秋田:まだ馬がゆるい感じがする。凱旋門賞から帰ってきてからの状態が、すごく良かった時の天皇賞に比べると、まだかなと。いい状態だったら印は打ちたいですが・・・。


若原:この討論会時点では状態はまだかなと思いますが、レースまでに間に合う可能性があるので見ていきたい。


松田:僕はそこじゃなくて、馬が掛かるようになっている気がする。陣営も状態面より道中で掛かるのを心配していて、追い切りでは後ろから追いかけられる形で行きたがっていた。そこを含めて2週間でどこまで持っていけるのかというところで、僕は消したいかな。


山口:天皇賞(春)で競り合ったグローリーヴェイズが香港で勝ちましたが、香港のレースレベルはなんとも言えない。従って、天皇賞(春)がどのくらいのレベルだったのかなと。それに、レースキャリアが多いタイプではないので、タフな競馬になった時の不安もある。


岡村:坂本さんはキセキの時は×ですが、フィエールマンは○


坂本:そうですね。今年の春の天皇賞で見せた機動性、操縦性の良さはこの舞台で生きると思う。前に行く馬も多いし、切れるタイプの存在は気になるし推したいです。


漆山:菊花賞と天皇賞(春)を勝っている事実は重い。4歳世代の牡馬ではこの馬が一番強いと思う。アーモンドアイと未対戦という魅力もある。



岡村:続きまして3歳勢です。3頭が出走予定ですが、まずはサートゥルナーリアに関してお願いします。

デイリー 小林記者

秋田:サートゥルナーリアは地下馬道でレースが近いことを知っていれ込んでしまう。天皇賞(秋)もダービーもそうですが、中山なら地上を通って馬場入りできます。自分が嫌なことがない競馬場ならいいのでは。55キロも面白い。はまったときの破壊力に期待したい。


松田:僕は天皇賞(秋)を2強だと思っていなかった。東京の2000メートルはペースがゆるまない。その点、タフな競馬を経験していないサートゥルナーリアは、脚がたまらなくて伸びないと思っていたらその通りとなった。中山はそうではなく、どこかでペースが落ちて脚がたまる。なので見直したほうがいいと思う。担当の助手さんがゲート裏までついていくなど工夫をするということも聞いていたし、今回は対策もとってくると思う。


岡村:小林さんも○ですね。


小林:ここでは本来なら理屈を言うべきなのですが、理屈抜きで本当にいい馬だと思う。そこそこ競馬に携わってきましたけど、こんないい馬いるんだ!という感じです。天皇賞(秋)は本当に楽しみだったし、ダービーで負けた時は本当にヘコんだんですよ。


岡村:小林さんは惚れているんですね!


小林:いや、惚れてはいないです! でも本当にいい馬だと思うんですよ。神戸新聞杯の勝ちっぷりを見ても、なんでダービーは負けたのかと思います。いい馬だと思っているので、馬の形、パフォーマンスも・・・やっぱり惚れ込んでいるということにしましょう!


若原:不思議な馬で立ち姿はマッチョで、筋肉質。でも歩き出すとすごく柔らかい。そして走り出すと全身がバネになる。それだけ筋肉の質がしなやかで、バネの性能がいいということ。突き抜けてすごい馬。力を出し切ったときにアーモンドアイに勝てる唯一の馬だと思う。ただ、ただ、ですよ。天皇賞(秋)もそうですがレース前に力んでしまって消耗して力を出せていない。気性の問題があるので、悩ましいですね。普通の精神状態ならこの馬だと思う。


山口:兄弟のエピファネイア、リオンディーズとかもそうだったように、調教からホントにいい馬でレースに行ってどんな競馬を見せてくれるのかなと思う。経験の差が前走は出たと思います。ここ2戦が前めに行く形になっていて、もうちょっとためる形なら最後にいい脚を使えると思う。使える脚も長くないと思うので東京よりは中山がいいのかな。


小林:前回がいい経験になると思う。今回は前回ほどの厳しい流れにならないと思うし距離もいい。皐月賞もあの位置から差し切るのに驚きましたから。能力がないとできません。


岡村:×は漆山さんと坂本さん


坂本:能力があるのは間違いない。前走の道中で力む走りを見ると、この血統の難しい面が出ていると思う。そういう不安点を見ると評価はしにくい。


漆山:有馬記念のあの雰囲気の中で大丈夫か?と。そして3歳馬のレベルも疑問。今年の牡牝3冠全部で違う馬が勝っているし、この秋のGⅠシリーズで年長馬を相手にあまり結果が出ていないので。


岡村:3歳はあと2頭(ワールドプレミア、ヴェロックス)なのですが、皆さんワールドプレミアを上位に見ている。

報知 坂本記者

漆山:3歳のレベルに疑問があると言ったばかりでなんなんですが。菊花賞組は有馬記念と相性がいいんですよね。有馬記念は締めくくりの一戦。余力が大事になりますから、菊花賞からの直行はいいと思う。若いですし。令和元年の締めくくりは武豊騎手という、記者らしくない話ですが。


小林:いや、一番染みる話だよ。


漆山:ただ菊花賞のレベルは疑問に思ってます。過去の傾向から判断して印は重くしたい、という意味です。


坂本:伸びしろですよね。内から伸びてハマッた感はありますけど、操縦性や折り合いに不安がなさそうで評価したい。


松田:春はまだまだの馬だった。神戸新聞杯も3着でしたが、陣営は成長途上という感触だった。1回使ってから良くなった1頭。今回勝ちきるかどうか微妙ですが、楽しみな1頭です。



岡村:次はスワーヴリチャードです。

スポニチ 秋田記者

小林:外せないほどではないですが現段階で×にできない。3歳の菊花賞組の相性の良さは承知の上ですが、高いパフォーマンスを長く見せてきたこっちに魅力を感じますね。


秋田:3歳馬との比較だったら、スワーヴリチャードの方が楽しみ。一昨年の有馬記念の本命だし、ジャパンカップで久しぶりにいい競馬をしてくれた。左回りの方がいいので右回りは心配材料ですが、レベル的には上位争いかなと思います。


松田:馬がもう1段階上に上がったとジャパンカップで思いましたね。追い切りの内容を変えたのも要因かなと。コース追いから坂路に変えて、瞬発力を引き出してジャパンカップは突き抜けたし、最後の脚を使えるようになった。アーモンドアイがいなかったら本命級と思ったくらい。


山口:これだけ色々な条件で高いパフォーマンスを見せているのはそれこそ能力。時計が速い馬場よりは、今回の方が向くと思う。

MC 岡村麻純

岡村:その他にも昨年の2着レイデオロ、3着シュヴァルグランが出ますし、多くの名馬がこのレースを最後に引退を表明しています。この馬だけは印を入れておきたいというのがあれば


秋田:私はアエロリットですね。引退レースで2500メートルは初の距離となります。ペガサスワールドカップターフは馬場も悪くて本当にかわいそうな条件だったけどそれを乗り越えて一段と馬体に実が詰まった。ためて逃げるのではなく、ハイペースでもマイペースなら耐えられる。今回は先行馬が多いのですが、そういう時って意外とけん制しあったりする。この馬の場合はけん制せずにいける強みがある。お父さんのクロフネも高齢ですしドラマがあるかなと。


小林:僕も印を打つかどうかは別にして、アエロリットは面白いと思います。毎日王冠でインディチャンプを差し返して、天皇賞(秋)でもサートゥルナーリアが来たら差し返して3着。東京マイルがベストなのはもちろんですが、ここ2戦はいいレースをしている。中山2500メートルが合うとは思わないが、どういう結末になるか気になるところです。


漆山:近況は良くないですが、シュヴァルグランも1回使えば良くなるタイプ。ドバイシーマクラシックの内容は良かった。


坂本:シュヴァルグランの前走ジャパンカップは道悪がよくなかった。終わってみればやっぱり力あるなというのが有馬記念。忘れちゃいけないですね。


松田:能力の落ち方がゆるやか。ジャパンカップも敗因はしっかりしている。インターナショナルSは距離が短かったし、キングジョージも道悪だった。ドバイの走りを見るとまだまだやれると思う。


漆山:レイデオロの名前が出ないですが。


松田:去年は道悪でしたからね。馬場が良ければ。


山口:前回が向正面からジョッキーの手が動いたくらい。状態はいいと話していながら内容的に・・・。


秋田:ちょっと気持ちが切れちゃっている感じに映りました。


松田:出走も一時期保留しましたからね。残りの日数でどこまで上がってくるのか。



岡村:お待たせしました。それではここからは本命馬等、皆様の注目馬をお聞きします。

はい、5人の方がアーモンドアイ、山口さんがワールドプレミア、漆山さんがフィエールマン。ではアーモンドアイの方からいきますか。

東京中日 若原記者

若原:基本穴党ですが、強いから当てに行くでいいと思う。人間は電子の位置は分からない一方で、電子の存在位置の確率分布は把握できる。競馬も結果は分からないが結果の確率分布は分かる。買うべき馬券は、確率分布から出てきたオッズが最も有利なはず。これだけ物言いがそろったアーモンドアイを当てにいく馬券が正着になると思う。

デイリー 小林記者

小林:単純に能力が高い。秋華賞の内回りコースであの位置から差せる馬がいたか、ジャパンカップで2分20秒6で楽勝する馬がいたか、ドバイターフでも王道の競馬で完封できる馬がいたか、冷静に分析すれば勝てる馬が他にいるのかと思う。中山2500メートルでも強さは見せてくれると思う。


岡村:サートゥルナーリアじゃなくていいですか。


小林:強いのはアーモンドアイかなと。


秋田:強いのはアーモンドアイです。惚れ込んでいるわけじゃないですが、こんなに前後の脚が開く柔らかい馬はいない。ゲートを出ちゃえば大丈夫。

日刊スポーツ 松田

松田:能力は抜けていると思う。予想を組み立てる上で、この馬が負けるとすれば、という考えから入る。その時点で、抜けた馬というのが確立されている。勝ちっぷりとか見ると舞台とかはあまり関係ないのかなと思う。


坂本:能力はけた違い。今年一番大きなことは「5年ぶりの原巨人優勝!」


一同:???


坂本:原巨人といえばジャイアンツ愛、ジャイアンツ愛とくればアーモンドアイ(愛)です。そういう点でも期待したい。


一同:えー!


岡村:フィエールマンにした漆山さんは。

サンスポ 漆山記者

漆山:そうですね、可能性ですね。可能性にかけたいと思う。今年の天皇賞(春)ではこの馬と2着馬で3着を大きく離した、2400メートル近辺では強いと思う、菊花賞と春の天皇賞を両方勝つ馬って、本当に強いと思うんです。菊花賞馬で天皇賞(春)を勝って出てきた4歳馬はほとんどが3着以内。中山を経験している強みもある。期待していいと思います。


岡村:お待たせしました。山口さん、ワールドプレミア。

東スポ 山口記者

山口:この流れでどう説明しようかと思いますが。3歳は本当にレベルが低いですかね。確かに3歳馬が古馬混合の重賞でそれほど勝っていない。ただ天皇賞(秋)やマイルCSはメンバーが揃っていてレベルが高かった。その中で大崩れしていない3歳を評価したい。他の馬にない上昇度が魅力。ワールドプレミアは神戸新聞杯から菊花賞で12キロ増えている。間違いなく良くなっている。そのあたりの良化度で相手は強いですが迫れると思う。可能性に賭けたい。あとは武豊騎手。去年のオジュウチョウサンが見せ場を作って大負けしてないのは武豊騎手の仕掛けどころが良かったから。最高の乗り方をしていると思うし、ペース判断などのプラスαを期待したいと思う。



岡村:続きまして穴ならこの1頭というのを。

スポニチ 秋田記者

若原:アエロリットですね。直接見ている関東馬の中ではいい動きをしていて見限れないなと。


秋田:私もアエロリット。1戦ごとに強くなっていくのは見ていて楽しい。牝馬づくしで追い掛けてみようかと思います。


漆山:僕もアエロリットですね。左回りがいいと言われますが、右回りでも実績はあります。春のヴィクトリアマイルと安田記念には感動した部分もあります。逃げれば粘り腰を見せてくれると思う。


岡村:山口さんと坂本さんはエタリオウ。

スポーツ報知 坂本記者

山口:エタリオウは最強の1勝馬と言われますけどね。横山典弘騎手が乗るというのも不気味。この馬に3戦乗っていますが、いろいろと試行錯誤しているような感じですし、4回目の騎乗ですし何かをつかんでいると思う。


坂本:前走のジャパンカップも外枠でしたが直線半ばまで見せ場はありました。馬が変わってきた感じもある。有馬記念は古くはナイスネイチャとかエアシェイディとかの例もありますし。善戦マンのエタリオウも馬券に絡んできていいのではないかと思います。


松田:シュヴァルグラン。これまでは外めが多くて一番内でも10番枠。内枠に入ってロスのない競馬ができれば。あとは良馬場なら。去年も9番人気3着、一昨年は3番人気で3着でしたから。


小林:スカーレットカラー。この秋に馬が変わってきた。イメージは2017年のクイーンズリングのような競馬。うまく間隙を縫ってって感じですね。この馬にとっても中山2500メートルは合いそう。牡馬相手でも上位に食い込めると思う。



岡村:皆さん、本日は長時間ありがとうございました。


※座談会は12月9日に行われました。


コメント受付中!

こちらもおすすめ

    戻る

    進む

    ページTOP